北欧の貴公子 ステファン・エドバーグ

出身は北欧のスウェーデン出身のプロテニスプレーヤー。1966年1月生まれで現在49歳である。 テニス界には、現役は引退しているが、ロジャー・フェデラーのコーチとして世界を回っている。 そんな彼のことと筆者への影響などについて書き綴ってみようと思う。

サーブ&ボレーの楽しさはどこにあるか

当時、私がサーブ&ボレーに興味を持ったのは、 テニスの試合においてポイントを取ることを 考え始めていたからだ。 テニスのポイントは、相手のコートにボールを 打ち返して、そのエリア内に相手が追いつく までに2バウンドをさせてしまうと ボールを打った…

美しいフォーム

彼にあこがれた要素の一つに フォームの美しさがある。 スポーツでトッププレーヤーになる選手は ある一定の数で、はたから見て 合理的な無駄のないフォームで プレーをする。 つまり、スポーツが何も練習を必要とせず、 簡単にすぐにできるようになるもので…

サーブ&ボレー

エドバーグのプレースタイルは、 サーブ&ボレーである。 最近では、このプレースタイルのプレーヤー は、ほとんど居なくなってしまったが、 当時このプレーを世界のトップで 繰り広げていたのは、 ステファン・エドバーグ、一世代前に ジョン・マッケンロー…

世界を夢見た

ウィンブルドンを通して、私が見たものは 世界的なプレーヤーが、テニスをいうスポーツ で一同に会するという場所があるということだ。 つまり、スポーツによっては、メジャーで ないと世界的な大会がないために 人類で最高を決めるという場所がないことが …

何かに夢中になる

私がテニスに求めた、いや、ステフォン・エドバーグから、見たものは何だったのか。今やっと振り返る時間が当時から20年以上たったところでやってきた。まさか、このような文章をネットに向かってタイピングするなんてことは当時は思ってもみなかった。なの…

ウィンブルドンで見たことは・・・

そう。ほんとは、高校の前期試験中なわけで、勉強しなければならないわけだが、それよりも夢中になることが出来てしまった。それが、ウィンブルドンテニスであった。小学生の頃は、野球少年であったため、テニスより野球にのめりこんだ。で、テニスはほとん…

もともと野球が好きだった

というか、テニスにはまったく関係ない タイトルをつけてしまった。 そうもともと筆者は、テニスをする前は 野球少年であった。 だが、野球に必要な体力がなかったのか、 体の使い方が悪かったのか、 小学生から続けてきた結果、疲労がたまっていたのか、 高…

出会いは高校時代であった

ステファン・エドバーグと聞けば、テニスを愛する人で知らない人はいないだろう。そう、1980年代後半から90年代にかけて世界のトップを走っていたプロテニスプレーヤーである。ハンサムなので貴公子と呼ばれ、ウィンブルドンや全豪オープンなど、サーフェス…