読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北欧の貴公子 ステファン・エドバーグ

出身は北欧のスウェーデン出身のプロテニスプレーヤー。1966年1月生まれで現在49歳である。 テニス界には、現役は引退しているが、ロジャー・フェデラーのコーチとして世界を回っている。 そんな彼のことと筆者への影響などについて書き綴ってみようと思う。

テニスに異性はつきもの

かく言う筆者もテニスで出会った女性と

結婚をしたわけだが、

テニスは異性との出会いの場でもある。

 

f:id:Stefanblog:20160520214356j:plain

 

 

会話のキャッチボールではないが、

言葉では言い表せない部分を

人は芸術やスポーツ、音楽などを

通して、伝達しあっていると

思う。

 

テニスは男性のファッションはそれほど

でもないが、女性のファッションは

どうみてもかなり異性を意識した

ものなのではないかと

思っている。

 

今は、なんと呼ぶのかわからないが、

女性のテニスの定番アイテムとして

スコートというのがある。

スカートのような運動服とでも

いればいいのだろうか。

テニスやバドミントンのプレーヤー

が着用している。

 

どうみても、テニスをするときに

スコートでは、動きが出たとき、

その下にあるパンティーが

チラチラ見えるわけである。

 

最近のテニスウェアは、

合成繊維の開発によって

スパッツなどの肉体保温や

吸湿、発汗作用を加味したものが

多く出ているが、

30年以上前は、そんなものはなかった。

 

テニスのメッカ、聖地であるウィンブルドン

は、その大会が毎年6月末から

2週間に渡って行われるが、

ウエアは白の基調としたものを

義務付けられている。

 

白は正装の色で

イギリス王室への敬意を表す装いでも

ある。

白のイメージとして、純白は、潔白的

意味合いもあるが、

それゆえに異性への興奮を表す

意味もあるのではないかと

錯覚もする。

 

まあ、でも、学生も社会人も

テニスも楽しいが

それに関連することにも

楽しみをもっていけば、

テニスにまつわる楽しいことは

尽きないのではないかと最近思う

次第である。

 

今、日本では、錦織圭などの

世界トップのプレーヤーが

生まれてきたことにより世界的な

注目を浴びるようになってきている。

 

これからも、どんどん

いろんなプレーヤーが生まれること

を期待している。

 

 

楽しいコミック

 

沢山友達ミツカル。

ミツケル。ASOBO|18禁