読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北欧の貴公子 ステファン・エドバーグ

出身は北欧のスウェーデン出身のプロテニスプレーヤー。1966年1月生まれで現在49歳である。 テニス界には、現役は引退しているが、ロジャー・フェデラーのコーチとして世界を回っている。 そんな彼のことと筆者への影響などについて書き綴ってみようと思う。

太ももを中心とした下半身

 エドバーグをはじめ、テニスプレーヤーは

フットワークがかなり重要なので、

太ももを中心にふくらはぎなど

下半身の筋肉には、目を見張るものがある。

西洋人は手脚が長いので、太さが

目立ちにくいが、実際はパワフルだ。

ネットプレーヤーは特に、

ベースラインからネットダッシュして

サービスラインあたりで、ファーストボレー

に入るが、相手はボレーし難い返球を

足元にしてくるので、ボレーには

膝を折り低い姿勢になる必要がある。

ボールの高さと自分の目線を合わせたほうが

ボールを見やすくミスが少なくなるので、

基本に忠実なプレーヤーは、

丁寧な膝を曲げてラケットコントロールを

するのだ。

 

私は、ステファンエドバーグかなぜ、

世界のトップに君臨しているのかを

現役当時よく見ていたのだが、

確率の高い、ポイントを取るための

動作の中には、

日頃から鍛えたフットワークと筋力が

あるのだと思い見ていた。

他のテニスプレーヤーも確率の高いプレー

をする人は、下半身の筋肉は、

ものすごく発達している。

意識しないと見えない隠れた力が

そこにはある。

 

変わった学園祭⇒http://goo.gl/QyM6bj