読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北欧の貴公子 ステファン・エドバーグ

出身は北欧のスウェーデン出身のプロテニスプレーヤー。1966年1月生まれで現在49歳である。 テニス界には、現役は引退しているが、ロジャー・フェデラーのコーチとして世界を回っている。 そんな彼のことと筆者への影響などについて書き綴ってみようと思う。

勝利をした後に彼女とその周りの会場に集まった人々に祝福される

不遇に終わった高校時代を

取り戻そうと、私は大学入学と

同時にテニスに打ち込むことに

決めた。

もしかしたら、どんなことでも何か

一生懸命やったことを作りたかっただけ

なのかもしれない。

たたま、野球の次に自分の眼の前にやって

きたのが、テニスだったのだ。

偶然にも憧れることの出来る人が

テレビ画面に映っていたから、

それを見よう見真似でやっていた

のだろう。

テニスの世界的なトーナメント会場で

多くの人から声援を受けプレーすることは

とても楽しいことだろう。

特にいいプレーをしたときには、

溢れんばかりの拍手喝さいを浴びる。

自分もステファンを始め、他の世界的な

プレーヤーのように活躍したかった。

もちろん、そういう世界的なプレーヤーは、

3歳くらいからスポーツの英才教育を

受けてのことだから、学生で大人になって

から始める自分とは比べものにはならない

ので、そのレベルで自己表現をするのでは

なく、私は自分の大学サークルのオープン

大会で4年間のうちに1度は優勝をしようと

心に決めた。

鶏口となるも牛後となるなかれ

という言葉があるように

どんな集団にいても、人の後ろについて

いくのではなく、小さくてもいいから

常に周りを引っ張るリーダー的存在て

いるのがよい、ということ。

自分の目指す大会なら、その大小は

問わずトップになれ、と自分の心に

刻んだのだ。

決め手は、何だったかは、あまりハッキリと

覚えていないが、

勝利や優勝をした際に

自分の愛する人とその喜びを分かち合う、

その瞬間の自分の姿を想像したときに

かつて不遇に過ごした高校時代の自分から

脱皮出来るかもしれない!

そう考えたのかもしれない。