読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北欧の貴公子 ステファン・エドバーグ

出身は北欧のスウェーデン出身のプロテニスプレーヤー。1966年1月生まれで現在49歳である。 テニス界には、現役は引退しているが、ロジャー・フェデラーのコーチとして世界を回っている。 そんな彼のことと筆者への影響などについて書き綴ってみようと思う。

同時代のライバル、イワンレンドルとボリスベッカー

ステファンエドバーグにとって

レンドルやベッカーは今でもいい仲間だと

思っているようだ。

私が学生時代に見ていた彼らは、

当時プロとしての全盛期で、

テニスの試合で見ているものを

ハラハラドキドキさせて

楽しませてくれた。

 

それぞれが個性的であり、

人間がもともと持つ闘争心に

炎を燃やし、肉体と精神の限界に

挑戦する姿は、

今でも覚えているほど魅力的だ。

 

しかも、それはテニスの世界において

トッププレーヤーたちの実際の

姿であり、テニスファンの憧れ。

 

誰もがその舞台に立ち、周囲にいる

人たちに自分の力を見せつけて

勝ち誇りたいのだ。

そんな状況の中で戦った当時のライバル

たちは、現在、現役のトッププレーヤー

たちのコーチになっている。

 

世界のトップを渡り歩いた経験を

これからその世界を目指す若い選手が

欲しがらないわけがない。

 

エドバーグは、ロジャーフェデラー

レンドルは、アンディ・マレー

ベッカーは、ノバク・ジョコビッチ

の世界のトッププレーヤになっている。

 

かつて、トップを走っていたプレーヤーが

20年近くたった今は、コーチになっている。

 

ロジャー・フェデラーなどは、

子供のころのアイドルだったステファン・エドバーク

をコーチに迎えることが出来て、

単純に楽しくうれしい日々になると

考えていたようだ。

つまり、テニスそのものの興味もあるが、

人間的にプライベートな部分までも

時間を一緒に過ごせることに

うれしいようである。

 

筆者自身ももし、今、テニスを継続して

いてテニスプレーヤーだとすれば、

その世界の経験やプレーヤーとして

どんな人生を歩んできたのかを

知ることは、ほんとに楽しいと思う。

 

しかも自分の好きなスポーツをして

生活出来るわけだから、

この上ない時間を過ごすことが

出来るだろう。