読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北欧の貴公子 ステファン・エドバーグ

出身は北欧のスウェーデン出身のプロテニスプレーヤー。1966年1月生まれで現在49歳である。 テニス界には、現役は引退しているが、ロジャー・フェデラーのコーチとして世界を回っている。 そんな彼のことと筆者への影響などについて書き綴ってみようと思う。

サーブ&ボレーヤーの頭の中はプレー前のイメージにある

サーブ&ボレーヤーは、一球一球が、

決めのショットになる可能性が高い。

a

つまり、攻撃というか、ポイントを

取りに行くプレースタイルなので

相手のミスを待つというより、

自分からポイントメイクしていく

ことになる。

それがサーブ&ボレー

 

現在は、グランドストロークの技術や

ラケットの進化が著しいので、

ネットプレーヤーの攻撃力を

はるかに超える攻撃力を

ベースラインから放つ選手が多いのだが、

ステファンエドバーグが活躍していた

時代は、それ以上にネットプレーが

功を奏していたのだ。

サーブ&ネットプレーヤーは

計画的なプレースタイルで、

ゲームではサービスに入る前に

どんな配球でポイントを取りに行くのか

ほぼ、イメージしている。

 

つまり、サービスのコースであったり

相手のフォアハンド側に打つのか、

バックハンド側に打つのか。

スピンで弾むサーブにするのか、

スライスで低く切れるサーブにするのか。

 

自分の打つサービスによって

相手の返球のコースも試合の中で

傾向があるので、読むのだ。

 

サーブ&ボレーは、このあらかじめの

読みがあるのとないのとでは、

プレーに余裕があるかないかを決めて

しまう。

 

一流になると自分のショットも

次の返球の読みも研ぎ澄まされて

くるので、積み上げていくと

相手との差はあまりにも大きくなる。

 

世界のトップはそういう細かな部分でも

他者を圧倒しているのだろう。