読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北欧の貴公子 ステファン・エドバーグ

出身は北欧のスウェーデン出身のプロテニスプレーヤー。1966年1月生まれで現在49歳である。 テニス界には、現役は引退しているが、ロジャー・フェデラーのコーチとして世界を回っている。 そんな彼のことと筆者への影響などについて書き綴ってみようと思う。

アネット・オルセンはステファンの彼女で現在は奥さんである。二人の間には子供が二人いる。

アネット・オルセンは、よくステファンの試合を

見に来ていた。

スウェーデンのモデルだったそうで、

詳しくは私も知らないのだが、

学生時代に自分もステファンのテニスを

テレビで見ていたので、

テニスをすると、こんな金髪美人の彼女を

連れてあるけるのかな、と思ったもので

ある。

f:id:Stefanblog:20151021204959j:plain

けっこう何をするにも、こういう動機が

一番強かったりして自分の原動力になるのが

私なのだ。

 

特に高校から大学へ入学する多感な時期に

不毛な浪人生活をしていて、

社会には何も役に立っていなかったので、

コンプレックスはすごいものがある。

 

なので、このコンプレックスを解消するのが

テニスであり、過去自分は身体を動かすことで

自分の好きな分野を切り開いてきたこと

が多かったので、テニス自体に相当な興味を

抱いた。

そして、かつ、彼女も大学に入ってテニス

でもして、私のその姿に惚れこんでくれたら

自分も好きなことをしているわけだし、

一石二鳥だな、ということもあった。

 

なんともミーハーな動機である。

 

だからこそ、また、テニスに取りくむ力も

出てきていた。

 

アネットは、たしか、自分の記憶が正しけ

れば、ステファンの前に、その同じ国の

マッツ・ビランデルの彼女でもあったようだ。

 

なので、スポーツ選手が好きなモデルというか

女性なのかもしれない。

 

試合を真剣に見つめ応援してくれる

女性は男にとって、とてもパワーを与えてくれる。

 

おそらく、強い男にだけ、女性はついて

くるんだろうな、と学生時代は思っていた。

 

結局、その私も大学時代に入ったテニスサークル

で知り合った女性と結婚したのだれけども、

思い込みや思考は現実化する、ということが

今となってわかってきている。