読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北欧の貴公子 ステファン・エドバーグ

出身は北欧のスウェーデン出身のプロテニスプレーヤー。1966年1月生まれで現在49歳である。 テニス界には、現役は引退しているが、ロジャー・フェデラーのコーチとして世界を回っている。 そんな彼のことと筆者への影響などについて書き綴ってみようと思う。

1. ボレーには様々な種類がある。

ポイントを決める、試合に勝利する、ことを考えると

どうプレーすればいいかが決まってくる。

 

自分のプレースタイルに悩んでいたり

テニスで何がしたいのか迷っている人にありがちなのは、

この勝負という目的を明確に持っていない人が多い。

 

テニスを始めたころは

ラケットを持ってテニスコートでいい空気を吸いながら

ボールを打球するだけで楽しい。

 

だけど、人には向上心があるので

少しずつ上達してくると、さらに上手になりたいという

気持ちが芽生えてくるものだ。

 

テレビの放送で憧れのプロテニスプレーヤーを観て

出来るだけ、そのプレーヤーに近づきたいと思うと

テニスコートへ行っては、仲間と練習する。

 

形だけのテニスから試合で勝つことを考えるといろいろとやり方を考えるようになる。

 

その一つとして、今回はサーブ&ボレーヤーのボレーを考えていこうと思う。

 

ボレーには

1.サーブ直後のファーストボレー

2.相手のリターン後のセカンドボレー

3.追い込んでの決めのボレー

4.ドロップショットなどの特殊ボレー

 

おおよそ、このようなボレーの種類がある。

 

1~4は、サーブから順番に並んでいるが、

相手の返球の内容により、サーブ後、3や4にいきなり

いくこともある。

 

つまり相手の返球次第で自分の次のボレーがかわる。

 

では、次回の記事以降でそれぞれのボレーについて自分なりの経験から

書いてみようと思う。