読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北欧の貴公子 ステファン・エドバーグ

出身は北欧のスウェーデン出身のプロテニスプレーヤー。1966年1月生まれで現在49歳である。 テニス界には、現役は引退しているが、ロジャー・フェデラーのコーチとして世界を回っている。 そんな彼のことと筆者への影響などについて書き綴ってみようと思う。

好きな美人テニスプレーヤー

テニス界の美人テニスプレーヤーというと

自分の学生時代は、ガブリエラ・サバティーニとか

リサ・ボンダー、カーリン・バセットなどが

あげられる。

 

サバティーニはテニスの実力もあるプレーヤーで

ステフィー・グラフが全盛だった時代に

そのライバルとしていたプレーヤー。

彼女は男性的なダイナミックな身体の

動かし方で人気だった。

 

元祖アイドルプレーヤーといえば、

リサ・ボンダー。

愛くるしい彼女のルックスは

同世代の男性の人気の的であった。

 

女子テニスプレーヤーがなぜ、人気が

あるのかというと、

テニスの女性のコスチュームが

独特だからだと思う。

 

つまり、あのスコート姿、パンチラが

男性のパワーを引き出してしまうのだ。

 

走り回ったり、風で舞うあのスコート

のひらひらは、目の保養であった。

 

しかも、それが、かわいい美人プレーヤー

ならなおさらだ。

 

高校生や大学生女子で、テニスをしている

かわいい子で、男性に恵まれない女子は

皆無だったであろう。

 

 

かわいい子に目がない人はこちら 

  ⇓⇓⇓

私、断われないんです~流され、ハメられ、転がされ…