読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北欧の貴公子 ステファン・エドバーグ

出身は北欧のスウェーデン出身のプロテニスプレーヤー。1966年1月生まれで現在49歳である。 テニス界には、現役は引退しているが、ロジャー・フェデラーのコーチとして世界を回っている。 そんな彼のことと筆者への影響などについて書き綴ってみようと思う。

全豪の1月 シーズンは早くも始まる

全豪オープンの会場になる

オーストラリアのメルボルンでは

世界四大大会の一年の最初を飾る

トーナメントがスタートしている。

南半球は、現在夏で、メチャ強い日差しが

コート上を摂氏40℃以上にする。

この強い日差しを和らげるために

選手は首に濡れたタオルやバンダナを巻いて

体温の上昇を抑えたり、飲料水を

スポーツドリンクと混ぜて、こまめに水分

補給している。

私がテニスに夢中になっていた時代、

強い日差しが肩や首に照りつけるのを

避けるため、消防士のヘルメットの

ように、首まわりをカーテンで

遮るようなキャップを被っていたイワン

レンドルが印象に残っている。

日差しは体力と水分を身体から奪うので

メーカーとの苦肉の策の末出来た

コスチューム。

今も被る人がいるかは分からないが、

当時レンドルにスポンサーとしてついていた

ミズノが作っていたと思う。

灼熱の夏には、是非お試しあれ。