読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北欧の貴公子 ステファン・エドバーグ

出身は北欧のスウェーデン出身のプロテニスプレーヤー。1966年1月生まれで現在49歳である。 テニス界には、現役は引退しているが、ロジャー・フェデラーのコーチとして世界を回っている。 そんな彼のことと筆者への影響などについて書き綴ってみようと思う。

ステファンエドバーグのファッションはさわやかでスポーティー

ステファンエドバーグをはじめテニス

プレーヤーのファッションは

さわやかでスポーティーなところも

テニスに魅力を感じる、もうひとつの

興味であった。

 

世界のトッププレーヤーは、ほとんど

が、トナーメントで世界を飛行機など

で転戦するので、その移動のときの

ファッションは、ジーンズ中心のカジュ

アルスポーティーなものだ。

 

ステファンもそういうファッションの

ひとりだが、雑誌などでインタビュー

を受けるときなどは、

テニスコートの延長のファッションで

あった。

 

デニムのジーンズに

スポンサーのアディダスのテニス

ウェアが、学生心に意外にファッショ

ナブルに感じたものだ。

 

おそらくスポンサーから条件付けされ

て着用しているのだとは思うが、

雑誌記事で見ると私は、そのウエアや

ジーンズ、また、テニスのツアーバッグ

などが欲しくなったものだ。

 

テニスというスポーツに興味をもつ前

に、人は憧れの人の人間性、とくに

仕事外のオフの姿のほうに興味を

持つものであることが、わかる。

 

今はフェデラーなどのコーチとして

活躍のエドバーグだが、

今後も、

彼のあまり派手なパフォーマンスは

しないが、さりげなくお洒落な行動

を見ていきたいと思う。