読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北欧の貴公子 ステファン・エドバーグ

出身は北欧のスウェーデン出身のプロテニスプレーヤー。1966年1月生まれで現在49歳である。 テニス界には、現役は引退しているが、ロジャー・フェデラーのコーチとして世界を回っている。 そんな彼のことと筆者への影響などについて書き綴ってみようと思う。

ステファン エドバーグの見出しなみを参考にした。

ステファン エドバーグは

北欧の白人ということもあり、

髪の毛は金髪、身長は188cm

のスマートな体型が、

テニス以前の魅力だった。

 

     整形級の若返り美肌再生法

 

彼のテニスをモデルにして

自分のテニスの向上を図ろうとすると

彼の仕草や恰好まで似てきてしまう

ものである。

もちろん、プレースタイルを同じに

したいというのがあるので、

ラケットは、ウィルソン系にしたり

ガットをナチュラルシープにするのは、

一回の張替代が、5000円を超えてしまう

ので、学生の身の自分は、ゴーセンとか

のナイロンガットを使っていたのだが、

服装とかも真似るところがあった。

 

まあ、服装とはいっても

スポーツ選手は即練習や試合で

世界を駆けまくっているので

ラフな感じが多いし、

雑誌とかの取材はテニスの話題中心

で、きっとテニスコート近くで

取材に応えることが多いと思うので

ジーンズやTシャツ、そして、

契約しているメーカーのシャツを

来ていることが多い。

   驚異の整形級の若返り美肌再生法 

 

SEのロコがデザインのテニスシャツを

私はよく着ていた。

 

そして今は私もエドベリも前髪が

薄くなってきてしまったが、

当時は長髪で、なびかせながら

風を切ってテニスをしていた。

 

ベンチに腰掛けたときに

息を前髪にふぅーっと吹き上げる

ステファンの当時の癖を覚えている

人も少なくないだろう。

 

そんなとこまで、なんか似てきて

しまうのである。

人間とは面白いもので、

これをミラーニューロンという脳の

特性で今は意味が分かっているが、

当時は単なるオリジナルのない、

ものまねとして、冷やかされたもの

である。

自分はその気だが、周りは大して

気に留めてないものである。

 

スポーツに限らず、出来る人のまねを

息遣いから仕草まで真似ることは

悪くないのである。

そして、もっと大事なのは考え方や

マインドを真似ること。

 

そして、強くなりたければ、すでに

強い人となるべく一緒にいること

である。

 

そうすると、そのふるまいや態度、

マインドまでもが自分のものに

なるのである。

 

一定の物まねをある程度習慣化した

あとに、自分のオリジナルを出せばいい。

 

究極ひとは、誰か複数の人の何かを

複合融合して今の自分が出来ていると

言われているので、

なるべく自分の周りには

優秀な人を置いておいたほうが

いいわけである。

 

それか、自分はひとりでいるほうが

好きだ。

学生時代から、このような生活は

今も変わっていない。

  アプリ【ゴシップ速報】インストール促進プロモーション