読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北欧の貴公子 ステファン・エドバーグ

出身は北欧のスウェーデン出身のプロテニスプレーヤー。1966年1月生まれで現在49歳である。 テニス界には、現役は引退しているが、ロジャー・フェデラーのコーチとして世界を回っている。 そんな彼のことと筆者への影響などについて書き綴ってみようと思う。

でもなんとなくテニスをしながら、友子と仲良くなった。

ステファンエドバーグに憧れて

入った大学のテニスサークルであり、

テニスに真剣に取り組んでいたわけだ

けど、

やっぱ若いんで女の子は気になるの

だった。

で、出席するサークルの練習日が重

なる友達とは、だんだんと仲良くな

ってくる。

 

最初は気にも留めなかった女子

と時を過ごしたり、仲間うちの同性

同士で異性の話なんかをしたりして、

ジャレ合うのが、サークル活動後や

活動外での行動になる。

 

互いに強いサークルを目指して

頑張る仲間たちなので

結束力が強くなる。

 

厳しいがゆえに、遊ぼうとする力も

強いのかもしれない。

 

大学時代に最初に気になった女の子

は友子だった。

 

友子は成績優秀な法学部の子で、

スポーツ好きな私には、

不釣り合いな女の子。

        大人の出会い

 

美人というよりは、可愛らしい子で

した。

ただ、私はまだ、女性との経験がな

かったので不慣れで、

この子とは、

前歯と前歯がキスの時衝突して

しまい、真剣なキスをするまでに

至らなかったチェリーボーイでした。

 

濡れ透けJ〇雨宿り・・・ 

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。