読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北欧の貴公子 ステファン・エドバーグ

出身は北欧のスウェーデン出身のプロテニスプレーヤー。1966年1月生まれで現在49歳である。 テニス界には、現役は引退しているが、ロジャー・フェデラーのコーチとして世界を回っている。 そんな彼のことと筆者への影響などについて書き綴ってみようと思う。

あまり女性には興味はなかった。

大学のテニスサークルに入り

テニスに夢中になっていたので

女性にはあまり興味を持っていなかった。

もちろん、まったくというわけではないが

それよりも大事なことが私にはあった。

 

つまり、自分を自分と認識するための

何かが欲しかったわけで、

それがテニスであったからだ。

 

大学一年の前期は、多少大学に入れさせて

もらった手前、授業に出ていたが、

しばらくすると、本音は隠せなかったのだろう。

授業の内容は全く理解できなくなり、

平日の午前中は、サークルの練習に、

午後は大学のキャンパスで学校に行ったふり、

少しバイトなどをして、

行動資金にしていた。

 

女性とイチャつくことなど

何も考えていなかったのだ。

 

ただ、大学のトーナメントで優勝することを

ひたすら追い続けた。

最初の大会では、3回戦で

不覚の相手に負けたことを理由に

テニスへの取り組み方を一段と

強いものにした。

 

自宅では、取り貯めたエドバーグの

ビデオを繰り返し見ては、

プレーのイメージを自分の頭の中に

いれた。

マイワールドビックテニスという

テレビ東京のテニス番組は

当時高校時代、毎週のように

見ていたが、あまりにも好きだったので

ビデオにも撮っていた。

 

それを大学時代になっても

繰り返し見ていた。

 

そのイメージでコートに出ては

練習を繰り返す毎日。

 

そんな中でも実は、彼女にしようかな、的な

女性がちらっと現れてはいた。

 

ただ、浪人をして入ったので、

同年齢の大学で言えば先輩の女性なのだが、

そのあたりからも、自分のことを好きだと

言ってくれる人がいたのだが、

そのときは、まったく気にも留めなかった。

(今となってはもったいない話だが。笑)