読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北欧の貴公子 ステファン・エドバーグ

出身は北欧のスウェーデン出身のプロテニスプレーヤー。1966年1月生まれで現在49歳である。 テニス界には、現役は引退しているが、ロジャー・フェデラーのコーチとして世界を回っている。 そんな彼のことと筆者への影響などについて書き綴ってみようと思う。

サーブ&ボレーは、相手のパッシングショットの読みが重要

サーブの良さを前提とすれば、

サーブ&ボレーは

ボレーの勝負になる。

ボレーはストロークほどラケットを

大振りしないことと、ネットに

かなり近づいてのショットになるので、

打ち損じは少ない。

a

ただ、相手も同じように

ネットプレーヤーに関しては、

次の一球でポイントが決められてしまう

可能性が高いので、パッシングショットで

相手の両サイドまたは頭上のロブで

抜こうとする。

 

この場合、ボレーの威力をもとにして、

次のパッシングがどこに

どんな風に来るのかコースを

予測して、次の行動に移る。

 

相手も自分が打つボールの威力やコース

そして、ポイントによって、試合を

やりながら見ていると傾向がつかめる

ようになる。

たとえば、ボレー側が威力のある

ボールが打てたとき

相手にとっては苦手なコースであったり

相手コートに返球することだけで

精一杯のことが多くなる。

 

そうした場合、厳しいコースに

返球する気持ちにはなれないので

甘くなるのだ。

 

だから、過去に比較的多く打った場所に

返球してくるのだ。

 

ネット際のプレーヤーに対し、

厳しいコースに返球出来なかった場合

確実に次のポイントを決まられてしまう。

 

そのマインドがミスになり、ストレスに

なりプレッシャーになるのだ。

 

なので、サーブ&ボレーが

相手の心理的要素を使った、いかに面白い

プレイスタイルなのかがわかると思う。