読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北欧の貴公子 ステファン・エドバーグ

出身は北欧のスウェーデン出身のプロテニスプレーヤー。1966年1月生まれで現在49歳である。 テニス界には、現役は引退しているが、ロジャー・フェデラーのコーチとして世界を回っている。 そんな彼のことと筆者への影響などについて書き綴ってみようと思う。

長い浪人生活を終え大学でテニスサークルに加入

2年という浪人生活は、

何か意味があったのか、今思うと

どう考えても時間を無駄にしたように

思えてならない。

ただ、分かったことは、得意でない

、好きでないことは、

なかなか人には勝てない、ということ。

 

というわけで、エドバーグ好きの筆者は

大学へ入学とともにテニスのサークルに

入った。

 

出来れば、ほんとうは、子供のころからの

英才教育を受け、この歳になったら

プロテニスプレーヤーとして、

4大大会で活躍していたいものだが、

人はそれぞれ環境というものがある。

筆者は特段テニスに関する環境は

もともとないし、テニスに関しては

中学の部活の軟式テニスに毛が生えたくらい

の公式テニス歴。

野球に打ち込んで身体を鍛えたりするのが

好きだったくらいで、それ以外の

条件は全くない。

 

だた、心の中にあったのは、なんでもいいから

学生時代に心を燃やすことを

一つ持ちたかったのである。

高校一年にケガで野球を辞めて以来、

なんとなく腑抜け状態であった筆者は、

自分に何か光を当てたくてしかたなかった。

 

大学へは入学するものの、向学心などという

気持ちはカケラもなく、

打ち込むことが欲しかったのだ。

 

エドバーグ好きの筆者は、エドバーグになろうと

大学体育会も考えたが、

やはりレベルがレベルだけに

自分が日の目を見ない縁の下の力持ちでは

納得いかないのだ。

 

目指したもので、結果を残す!!

 

そして、サークルに入り、その大学の

テニスのオープン大会で優勝することを

大学時代の目標としたのだった。

 

最初は大学生活も慣れないので、

学校へ通うことを習慣化しようとするが

次第に向かう場所は、学校ではなく

学校近くのテニスクラブになっていくのだった。