読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北欧の貴公子 ステファン・エドバーグ

出身は北欧のスウェーデン出身のプロテニスプレーヤー。1966年1月生まれで現在49歳である。 テニス界には、現役は引退しているが、ロジャー・フェデラーのコーチとして世界を回っている。 そんな彼のことと筆者への影響などについて書き綴ってみようと思う。

ステファン・エドバーグのサーブ&ボレー

サーブ&ボレーのプレースタイルにおいて

サーブは重要な要素を占める。

 

なぜなら、決めのショットになるボレー

つまり、スマッシュなども含めて

ネットプレーに行くまでの最初の

ショットになるからだ。

 

より優位に自分のポジションを取るために

重要なプレーになる。

サーブとは、相手コートへ第一球目の

プレー開始になるショット。

もちろん、これが無ければ、ボールが打ち込まれ

ないわけだから、プレー自体が始まらない。

 

そして、自分が頭上にあげるトスは

自分の打ちやすい好きな位置にあげる

ことができるため、

自分のペースに持ち込めるのだ。

 

だから、プレーヤーによっては

このサーブ(サービス)一球でポイントを

決めてしまうこともある。

 

それはつまり、サーブのコースが良くて

相手がボールに触れなかったり

威力があって相手コートに返球できない

場合は、プレーはサービスたった1球

で終わってしまうのだ。

ラケットの進化により

このサービスの決定率は上がっているため

他のプレーをしない選手もいるくらいだ。

 

そのくらいサービスは重要である。

 

ただ、しかし、そのサービスも

あまりにも無謀な打ち方は

自分のミスにもなる。

 

テニスの場合、サービスは1ポイントに

付き、失敗は一度まで認められているが

その分、ファーストサーブ(1球目のサーブ)

とセカンドサーブ(2球目のサーブ)には

各プレーヤーとも工夫を凝らしている。

 

素人でいうと、このサービスすら

満足に打つことが出来ず、ダブルフォルト

山を築き、相手にポイントを与えて

しまったりする。

 

これではゲームで勝利することはむつかしい。

 

ちょっとサーブの説明が長くなったが、

ステファンはこのサーブにおいて

スピンサーブを多用した。

スピンサーブというのは、どういうサーブかと

いうと、ボールを打ったあと、

ボールに回転を加えるため、ネットの高い位置でボールを

通過させ、通過したあとは、急激に

ドロップして相手のサービスエリア内に

落ちるサーブだ。

 

テニスプレーヤーの多くを悩ませるのは、

出来るだけ、ボールをラケットでフラットに

打ち、相手コートには確実に入れる、という

ことを望んでいる。

 

なぜなら、フラットは、ボールに回転を与え

ないので、速度が速い。

ただ、ネットの上を通過した後、

回転が少ないため、落下せずに

サービスエリアをオーバーしてしまうところに

難点がある。

 

そういう問題を

ステファンはスピンサーブで

解決していたのだ。

 

スピンサーブは

ボールを

打ち出される方向に対して

ラケットのスイングを

やや斜めにすることで打ち出される。

 

ボール推進方向に対して横の動きが

多くなる。

したがって、フラットサーブよりは

前方への進み具合は遅くなるが、

その分、ネットに近づく時間を作れるのだ。

 

ステファンはボレーに最高のテクニックを

持っていたので、

このスピンサーブをうまく使って

ネットダッシュしていたのだ。

 

スピンサーブを打つために

彼は体をネットに対して横に向けて

トスを上げたあと、

背中を反るようにしてテイクバックし

鋭くスイングしながら

ネットに詰め寄っていく。

このスピンサーブからネットダッシュの

ステファンの動きは

きわめて華麗なのだ。

 

サーブを打ったあと、

ボレーのテイクバックを小さくとりながら

相手のレシーブのコースを読んで

ポジショニングし

ラケットのボレー面を作り

自分の思うコースへボールを

打ち込んでいく。

 

彼のラケットから打ち出される

ボールは極めてシャープで

見る者の目を奪う。

 

私は、このサーブからボレーまでの一連

の流れを、テレビでみたり

ビデオの再生を何度もして

分析した。

同じショットを雑誌でも図解でみたり

して、どうやったらこんな風に

芸術的なボールが打てるのか

考えたのだった。

 

もちろん、身体的に恵まれた肉体をもち、

運動神経も類まれな彼だからできるとも

思ったが、

打ち込むものが当時の私にはテニスしか

なかったために

テニスのことを結構真剣に

考えていた。

 

ネットプレーヤーになるか

グランドストローカーになるか

 

これを決めることは

その後の自分の将来性を決めるような

ことで、

ある分岐点でテニスをする人は

みんな悩むが、

やりながら、なんとなく好きなプレーを

数多くこなしていくので

自然と決まってしまっている人も

いる。

 

私は、ステファンの華麗なプレーを

テレビで見てあこがれていたことと

ゲームにおいてポイントまでが

スピーディーである

ネットプレーヤーになることを

決めたのだった。

 

ステファン・エドバーグの

プレーは、大きく私に影響を

与えた。

おっぱいふっくら