北欧の貴公子 ステファン・エドバーグ

出身は北欧のスウェーデン出身のプロテニスプレーヤー。1966年1月生まれで現在49歳である。 テニス界には、現役は引退しているが、ロジャー・フェデラーのコーチとして世界を回っている。 そんな彼のことと筆者への影響などについて書き綴ってみようと思う。

1. ボレーには様々な種類がある。

ポイントを決める、試合に勝利する、ことを考えると どうプレーすればいいかが決まってくる。 自分のプレースタイルに悩んでいたり テニスで何がしたいのか迷っている人にありがちなのは、 この勝負という目的を明確に持っていない人が多い。 テニスを始めた…

自分のプレースタイルを選んだ理由(サーブ&ボレーヤーの視点)

基本的にボレーはネットに近い場所でポイントを決めるときに使うショットである。 相手からの返球を相手に近い場所で、より早く打球することが出来るので、 ポイントが決まりやすい。 それはベースラインで打ち合うグランドストロークと比べたら格段の違いで…

イップス

ゴルフなどのスポーツで極度の緊張やストレスにより 普段の運動能力が発揮できなくなってしまう状態を イップスといいます。 この言葉を私は知らなかったのですが、 ゴルフはしませんが、 テニスの試合中でどうしてもポイントを取りたい場面や ダブルスでミ…

2017年全豪オープン男子決勝は、ロジャーフェデラーVSラファエルナダル

以前、ステファンエドバーグがコーチしていたロジャーフェデラー。 2017年の4大大会幕開けとなる全豪オープンでは 久々の決勝進出となる。 このところ膝の故障により調子があまり良くなく いい結果を残せていなかったフェデラー。 今回の決勝進出は、本人に…

バークレイズ・ATPワールドツアー・ファイナル

現在YouTubeで見ると、この大会の練習風景 までもがリアルタイム又はリプレイで みれる。 私がテニスをやり始めて興味を持って いた時期には、テレビの放送でしか プロの選手の試合を見ることが 出来なかった。 だが、今は、その選手の練習風景まで 生で見れ…

セイコースーパーテニス

セイコースーパーテニスと言えば、 この秋口に毎年開催される 日本のバブル期に各国の最強プレーヤー が集まるプロテニス国際大会だった。 参加選手の中で、ステファン・エドバーグは 私がテニスを現役でやっていた時代の 代表選手であった。 というとこの時…

エドバーグの弱点と言われたフォアハンドグランドストローク

フォアハンドのグランドストロークを 弱点と言われていたエドバーグ。 それはあえて弱点を探し出せば、 そうなるのかもしれない。 弱点というか、他のショットと 比較した場合に ウィニングショットの確率が 落ちるくらいの程度かと 私には思える。 テニスプ…

テニスに異性はつきもの

かく言う筆者もテニスで出会った女性と 結婚をしたわけだが、 テニスは異性との出会いの場でもある。 会話のキャッチボールではないが、 言葉では言い表せない部分を 人は芸術やスポーツ、音楽などを 通して、伝達しあっていると 思う。 テニスは男性のファ…

ステファンの時代と錦織圭の時代のサーブの違い

ステファンエドバーグが活躍した80年代から90年代と 現代の日本人選手、われらが錦織圭が活躍する 2010年代は、時代が約30年も違います。 実力のプロの世界であるテニス界では 常にしのぎを削る闘いを繰り広げて いるので、その抜け道をいち早く通り抜け よ…

同時代の美人テニスプレーヤー  ガブリエラ・サバティーニ

エドバーグとだいたい同じ時期に 活躍していた美人女子テニスプレー ヤーにガブリエラ・サバティーニが いる。 同じ時代に今は、アメリカの有名な 元男子テニスプレーヤーの アンドレ・アガシの奥さんである シュテフィ・グラフと何度も対戦を 繰り広げてき…

テニス界の美女クルニコワ

男性でハンサムでテニスが強いプレーヤー の一人が、エドバーグだとしたら、 女子テニスプレーヤーでは誰になるか。 私が思う美人で可愛いプレーヤーに クルニコワという選手がいる。 1981年6月7日モスクワ生まれだから、 今年で35歳になるのだろうか。 20代…

好きな美人テニスプレーヤー

テニス界の美人テニスプレーヤーというと 自分の学生時代は、ガブリエラ・サバティーニとか リサ・ボンダー、カーリン・バセットなどが あげられる。 サバティーニはテニスの実力もあるプレーヤーで ステフィー・グラフが全盛だった時代に そのライバルとし…

太ももを中心とした下半身

エドバーグをはじめ、テニスプレーヤーは フットワークがかなり重要なので、 太ももを中心にふくらはぎなど 下半身の筋肉には、目を見張るものがある。 西洋人は手脚が長いので、太さが 目立ちにくいが、実際はパワフルだ。 ネットプレーヤーは特に、 ベース…

日本人テニスプレーヤーのマインドは変わった

私は、世代でいうと 日本人選手では、松岡修造世代です。 なので、もともとテニスの発祥が ヨーロッパで、そこから戦前戦後で 歴史が積み重ねられてきているので、 男子では日本人選手が、世界の場に 姿をチラッと現し始めた世代と 言えるかもしれません。 …

全豪の1月 シーズンは早くも始まる

全豪オープンの会場になる オーストラリアのメルボルンでは 世界四大大会の一年の最初を飾る トーナメントがスタートしている。 南半球は、現在夏で、メチャ強い日差しが コート上を摂氏40℃以上にする。 この強い日差しを和らげるために 選手は首に濡れたタ…

テニスの大会は初夏から秋がメインだが、オフシーズンも大事。

世界四大大会は、今月の全豪オープン に始まり、全仏5月、全英6月、全米9月 と暖かいときが中心だ。 やっぱりコレ!マセズ プレーン トリュフ チョコレート 500g×2缶セット 1452円 【 Mathez Plain Truffles お菓子 マセス フランス ボンボン ショコラ マテ…

勝利をした後に彼女とその周りの会場に集まった人々に祝福される

不遇に終わった高校時代を 取り戻そうと、私は大学入学と 同時にテニスに打ち込むことに 決めた。 もしかしたら、どんなことでも何か 一生懸命やったことを作りたかっただけ なのかもしれない。 たたま、野球の次に自分の眼の前にやって きたのが、テニスだ…

少し襟足の長いヘアスタイルだった

88〜90年あたりのステファンエドバーグのヘアスタイルを真似て、学生時代は少し長目の髪の毛にしていた。長目のヘアスタイルはスポーツをすると、動きの中に流れが出てくる。金髪に染めたりはしなかったか、やや長目が好きであった。そして、その髪の毛のな…

美女大国スウェーデン

女親に男の子は似ると言われるが もし、それが本当だとすれば、 ステファンの母親はきっと美人なの であろう。 テニスには関係ないかもしれないが スウェーデンは高福祉国家である。 スウェーデンの女性は美しくもあるが よく働く。そのため、専業主婦率は2…

金髪、長髪の北欧は憧れであった。

金髪や長髪は、見た目を重視する 日本人には馴染みがなかった当時、 私はそれに憧れた。 金髪は色が軽いので長髪にしても 重さを感じない。 テニスをしながら汗をかいても 暑苦しくないのだ。 今でこそ、会社や仕事で自由な髪の毛の 色を許すところも増えて…

白人の白い肌と青い目に憧れた

北欧の白人は、すき通るような肌の白さを持ち、しかも青色を中心に日本人にはない肉体的特徴を持っています。私は生粋の日本人なので外国人の血は一切混ざってないので、きっと、よく言われる無いものねだりからヨーロッパ人に憧れを持ったのでしょう。エド…

ステファンエドバーグのファッションはさわやかでスポーティー

ステファンエドバーグをはじめテニス プレーヤーのファッションは さわやかでスポーティーなところも テニスに魅力を感じる、もうひとつの 興味であった。 世界のトッププレーヤーは、ほとんど が、トナーメントで世界を飛行機など で転戦するので、その移動…

白人テニスプレーヤーは憧れだった。

エドバーグをはじめテニス界の世界の トッププレーヤーは白人が多い。 今でこそウィリアムス姉妹などが出て きてはいたが、エドバーグが活躍して いた80年から90年代は、白人がほとん どであった。 日本人の私は、白人の美しさ(特に女 性)には、学生時代の…

ステファン エドバーグの見出しなみを参考にした。

ステファン エドバーグは 北欧の白人ということもあり、 髪の毛は金髪、身長は188cm のスマートな体型が、 テニス以前の魅力だった。 整形級の若返り美肌再生法 彼のテニスをモデルにして 自分のテニスの向上を図ろうとすると 彼の仕草や恰好まで似てきて…

でもなんとなくテニスをしながら、友子と仲良くなった。

ステファンエドバーグに憧れて 入った大学のテニスサークルであり、 テニスに真剣に取り組んでいたわけだ けど、 やっぱ若いんで女の子は気になるの だった。 で、出席するサークルの練習日が重 なる友達とは、だんだんと仲良くな ってくる。 最初は気にも留…

あまり女性には興味はなかった。

大学のテニスサークルに入り テニスに夢中になっていたので 女性にはあまり興味を持っていなかった。 もちろん、まったくというわけではないが それよりも大事なことが私にはあった。 つまり、自分を自分と認識するための 何かが欲しかったわけで、 それがテ…

悶々とした気持ちが自分をテニスに向かわせた。

ステファンエドバーグのテニスに 憧れて、私は学生時代、テニスにはまった。 それは、豪快で心地よいはまり方であり、 誰に文句を言われても、その時代を謳歌した 事実はもう誰にも侵されないのである。 人生は一度きり。 どんなにカッコよく生きようが、 悪…

同時代のライバル、イワンレンドルとボリスベッカー

ステファンエドバーグにとって レンドルやベッカーは今でもいい仲間だと 思っているようだ。 私が学生時代に見ていた彼らは、 当時プロとしての全盛期で、 テニスの試合で見ているものを ハラハラドキドキさせて 楽しませてくれた。 それぞれが個性的であり…

ステファンエドバーグのテニスを追及した私の最初の相手は・・・

大学入学と同時に入ったテニスサークル では、毎年9月から11月にかけて 個人戦オープントーナメントがある。 その大学の数百とあるサークルのうち、 同大学を大きく取り仕切る連盟がある。 その連盟が加入サークルに所属する 全ての会員に対して、その参加を…

最初の練習はクレーコートだった、入った大学サークルの練習場所

ステファンエドバーグのような テニスのプレーができるように なりたいという 願望のもと、某大学のテニスサークル に入ったが、 最初の練習が大学キャンパス付近の クレーコートであった。 ステファンも唯一4代大会の中で 優勝していないのが、クレーコート…

大学へは行かず、いつもテニスコートかバイト先だった

ステファン・エドバーグに憧れて 私はテニスの虜になった。 頭の中はテニスのことでいっぱいに なり、学生時代は、テニスコートと バイト先の往復だった。 大学では体育会へは行かず、自分の力が 発揮できるサークルへ入った。 サークルは体育会と違い、入っ…

サーブ&ボレーヤーの頭の中はプレー前のイメージにある

サーブ&ボレーヤーは、一球一球が、 決めのショットになる可能性が高い。 つまり、攻撃というか、ポイントを 取りに行くプレースタイルなので 相手のミスを待つというより、 自分からポイントメイクしていく ことになる。 それがサーブ&ボレー 現在は、グ…

サーブ&ボレーは、相手のパッシングショットの読みが重要

サーブの良さを前提とすれば、 サーブ&ボレーは ボレーの勝負になる。 ボレーはストロークほどラケットを 大振りしないことと、ネットに かなり近づいてのショットになるので、 打ち損じは少ない。 ただ、相手も同じように ネットプレーヤーに関しては、 次…

サーブ&ボレーというプレイスタイルは、サーブの優位性のもとにボレーがあるということ。

サーブ&ボレーは、いうまでもなく サーブという自分でゲームを始める 第1球目にリターンよりも優位性があるから ボレーなどのネットプレーで 相手を圧倒することが出来る。 もし、サーブに何かしらの威力がなく 相手が簡単に返球できるものなら、 サーブ&…

長い浪人生活を終え大学でテニスサークルに加入

2年という浪人生活は、 何か意味があったのか、今思うと どう考えても時間を無駄にしたように 思えてならない。 ただ、分かったことは、得意でない 、好きでないことは、 なかなか人には勝てない、ということ。 というわけで、エドバーグ好きの筆者は 大学へ…

全豪オープンテニスは毎年年始の1月下旬の2週間で行われるエドバーグには縁のある大会

全豪オープンテニスは、年明け後2週間置いて 一月後半に行われる。 全豪オープンテニスでは、エドバーグは2回優勝。 1985年にビランデル、1987年にキャッシュに勝利の 上、優勝している。 生涯で4大大会は6度優勝しているが、 そのうち4つが芝のコートであっ…

ステファンエドバーグは何人かのタレントに似ていると前から思っている

北欧の貴公子とよばれるステファンエドバーグ だけど、彼は金髪の現役だった時分は、 エリ足の長いロングヘアーで 若い子たちを虜にした。 とくにゲームの合間にベンチに座わり、 自分の前髪に息をふぅーっと吹きかけて、 舞い上がらせていた様子は、 自分も…

ステファンの時代にサーブ&ボレーが通用した理由はパッシングショットが発展途上にあったからだ

テニスのプレーにおいて フォアハンドとバックハンドがある。 そして、たいていの人はフォアハンドを 得意としている。 なぜかというと、フォアハンドは人と握手する 手の平側だからボールをとらえることも 自然に思える。 そして、バックハンドは利き手の甲…

アネット・オルセンはステファンの彼女で現在は奥さんである。二人の間には子供が二人いる。

アネット・オルセンは、よくステファンの試合を 見に来ていた。 スウェーデンのモデルだったそうで、 詳しくは私も知らないのだが、 学生時代に自分もステファンのテニスを テレビで見ていたので、 テニスをすると、こんな金髪美人の彼女を 連れてあるけるの…

プレーの量が得意のショットを作り出す

好きこそものの上手なれ、ではないけど 例外なくテニスにおいてもそれが、あてはまる。 好きというのは、そのショットを打つと ポイントが決まったり、ミスが少ない、と いうプレー。 こういうショットは自分も楽しくワクワクする ショットなので、練習から…

スウェーデン人のステファン・エドバーグは高身長で金髪の白人だ

スウェーデン人のステファン・エドバーグは、 身長188cmの金髪で白人の選手だ。 私は彼の姿を常にテレビで見続けてきて いた。 当時のテニス情報は、テレビ会社の方法しかなく 今のようにYouTubeとかで見たいときに見たいだけ 動画を見るなんてことは出来…

キャッシュ(パット キャッシュ)というオーストラリアのテニスプレーヤーは、1度ワインブルドンを制している

キャッシュ(パット キャッシュ)という オーストラリアの選手がいる。 キャッシュは、エドバーグを語るとき 忘れてはならない選手だ。 年齢的には、キャッシュがエドバーグの 一つ上くらいになる。 彼もサーブ&ボレーを得意として 主にサーフェスの速いコ…

ステファン・エドバーグのサーブ&ボレー

前回は、エドバーグとベッカーの ボレーを中心にしたネットプレーについて触れた。 なので、今回はエドバーグのボレーそのものに ついて書いてみようと思う。 ボレーは、 サーブやグランドストロークなどで 相手を揺さぶったあと、 甘く返球されたボールを …

エドバーグ VS ベッカー ネットプレー編

エドバーグ対ベッカーで、一番注目すべき プレーはどこかというと ネットプレーであろう。 両者ともサービスゲームをネットプレー を主体としているからだ。 以前に時代の変化とともに、テニスの道具 であるラケットの進化もあり、 テニスの主流になるプレー…

エドバーグ VS ベッカー ショット面での比較 ストローク編

エドバーグとベッカーのプレーヤーとしての 比較をしているが、 4大大会とトータル対戦成績があまりにも 違うので、今となって改めて結果を見ると どうしても考えてしまうことを 綴っている筆者なのである。 つまり、テニスは単に身体的なもともと持った 素…

ステファン・エドバーグとボリス・ベッカーの4大大会での対戦成績は3勝1敗でステファン

ステファン・エドバーグとボリス・ベッカーの 対戦成績は、4大大会とそのほかの公式戦を 合わせて対戦数が35あり、 そのうち25試合はボリスベッカーが勝利して いる。 つまり、トータルでみると ベッカーのほうに圧倒的に軍配が上がっている。 テニスは相手…

ステファンと同時代にボリス・ベッカーというライバルがいた

1980年代から90年にかけて活躍した テニスプレーヤーにボリス・ベッカー という選手がいる。 ステファン・エドバーグを語るときには 必ず出てくる人物と言っても 過言ではないだろう。 彼は、ステファンの2つ年下の世界を代表 するプロテニスプレーヤーだ。 …

ボレーは相手の打球の威力を利用して、さらに鋭い打球にする

テニスは、シングルスの場合相手はひとりだ。 そして、相手の打球があるからこそ、 こちらも返球することが出来て、 プレーになる。 テニスを始めたてのころは、 相手の打球に応じて返球が何度も繰り返し 出来ることに喜びを感じるものだ。 ほとんど一般のプ…

ステファン・エドバーグのボレーから見た、ボレーの身体の動きがストロークより自然である理由

ステファン・エドバーグのボレーから見て、 ボレーの身体の動きがストロークよりも 自然である、と思っているのは、ボレーが 好きな私だからかもしれない。 ボレーよりもグランドストロークのほうが 好きな人は、そのまた同じように言うだろう。 それはなぜ…

ステファン・エドバーグのサーブ&ボレー

サーブ&ボレーのプレースタイルにおいて サーブは重要な要素を占める。 なぜなら、決めのショットになるボレー つまり、スマッシュなども含めて ネットプレーに行くまでの最初の ショットになるからだ。 より優位に自分のポジションを取るために 重要なプレ…